@club2 のすべての投稿

中国・雲南省 世最古級の恐竜胎児 化石発見

中国・雲南省で世界最古級の恐竜胎児の化石を発見
 中国やカナダの研究チームは、中国雲南省の約1億9000万年前(ジュラ紀前期)の地層から、大型恐竜の卵と胚(胎児)の化石を発見したと4月11日付の英科学誌ネイチャーに発表した。恐竜の胎児の化石としては世界最古級という。チームは同省昆明の地層で、数㍉から数㌢の大きさにバラバラになった胎児や卵の殻の化石が200片以上、密集しているのを発見。上顎の骨や歯の形から竜脚類のルーフェンゴサウルスと判断した。同じ地層からは全長6㍍と推定される成体の化石が発見されているという。

平城宮・東院地区で回廊跡 光仁天皇宮殿か

平城宮・東院地区で回廊跡見つかる 光仁天皇宮殿か
 奈良文化財研究所は奈良市の平城宮跡(8世紀)で、続日本紀に登場する光仁天皇の宮殿「楊梅宮(ようばいきゅう)」のものとみられる回廊状建物の跡を見つけたと発表した。建物跡は幅6㍍、東西約96㍍、南北約86㍍以上が区画されていたとみられる。場所は平城宮東側の東院地区で、皇太子の居所「東宮」や天皇の宮殿があったとされる。

小林一茶は愛煙家 タバコへの愛着示す手紙

小林一茶は愛煙家だった タバコへの愛着示す手紙
 江戸時代の俳人、小林一茶(1763~1828年)のタバコへの愛着がうかがわれる直筆の手紙が見つかり、一茶の故郷、長野県信濃町の一茶記念館で3月30日から公開されている。手紙は、一茶が1812年12月3日、弟子の竜トに宛てたものとみられ、知人宅に自分のタバコ入れが落ちていないか、ついでのときに聞いてほしい-と依頼した文面が記されている。一茶はタバコを詠んだ句を多数残しており、よほどの愛煙家、もしくはヘビースモーカーだったのでは、との指摘もある。

小泉八雲の英語講義録出版 富山大などが翻訳

小泉八雲の英語講義録出版 富山大などが翻訳
 「怪談」などの作品で知られる明治時代の作家、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850~1904年)が熊本大の前身、第5高等中学校で英語教師だったころの講義ノートを富山大などが翻訳、「ラフカディオ・ハーンの英語教育」のタイトルで本にまとめ、3月31日出版された。熊本や阿蘇山など生徒に身近なものを題材に英語のニュアンスを教えている。生徒を飽きさせない工夫があり、教師としても秀でていた様子がうかがえるという。小泉八雲は1890年に来日後、松江や東京でも教壇に立ったが、熊本時代の約3年間のことはあまり知られていない。

国宝 甲冑修理終り春日大社宝物殿一般公開

国宝の甲冑の修理終わり春日大社宝物殿で一般公開
 春日大社(奈良市)が約1年がかりで進めていた国宝「黒韋威矢筈札胴丸(くろかわおどしやはずざねどうまる)」の修理が終わり、3月30日から一般公開されている。4月14日まで。この甲冑は14世紀の作とされ、楠木正成が奉納した伝承がある。

岩手県久慈市で肉食恐竜の化石 中学生が発見

岩手県久慈市で肉食恐竜の化石 中学生が発見
 岩手県久慈市の「久慈琥珀博物館」敷地内の琥珀(こはく)採掘場で見つかった化石が白亜紀後期に当たる約8500万年前の肉食恐竜「コエルロサウルス類」の足の指と分かった。早稲田大学の平山廉教授(古生物学)が鑑定し、3月29日、発表した。化石は左後ろ足の指の骨で、長さ約3㌢、直径約1㌢。体長1~2㍍で小型の恐竜と推定しているが、成長途上だった可能性もあるという。この化石を発見したのは青森県南部町の町立南部中1年、佐々木貴杜君(13)。

名は体を表さず?「ササヤマミロス・カワイイ」

名は体を表さず?「ササヤマミロス・カワイイ」
 兵庫県篠山市の白亜紀前期の地層「篠山層群」から見つかった哺乳類の下顎の化石が、新種と認められ「ササヤマ・カワイイ」と名付けられた。英国王立協会紀要電子版に掲載された。推定では外見はネズミ似というが、復元図を見る限り、とてもカワイイとはいえない。

世界文遺登録 「縄文遺跡群」 推薦書案提出

世界文化遺産登録を目指す「縄文遺跡群」の推薦書案提出
 北海道、青森、岩手、秋田の4道県は3月30日までに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録を目指す「縄文遺跡群」(18カ所)の推薦書案を文化庁に提出した。遺跡群はユネスコの世界遺産暫定リストに掲載されている。

大英博物館で4/17から黒船来航の絵巻を展示

大英博物館で4/17から黒船来航の絵巻を展示
 大英博物館は4月3日、幕末にペリー提督率いる黒船が日本に来航した際の様子を描いた当時の絵巻を取得したと発表した。4月17日から10月まで同博物館で展示する。この絵巻は、日米和親条約が締結された1854年の2度目の黒船来航を描いたもので、海上に浮かぶ米艦隊や、それを待ち受ける日本側の兵隊の様子がカラーで描かれた、質が高く歴史的な瞬間を詳細に伝えた貴重な作品の一つという。米国との交渉を記録するため、同席を許可された松代藩の絵師が1854年から58年の間に描いたとみられている。