女帝

女帝
日本において、7~8世紀、そして17、18世紀、女帝が出現した時代があった。
とくに7~8世紀の女帝時代は、中継ぎ的な要素より、様々な事情により皇位に就いたもので、天皇として本来の業務を遂行。特筆すべき事績も残した女帝もいたことは押さえておく必要がある。

第30代敏達天皇
第31代用明天皇
第32代崇峻天皇
第33代推古天皇(554年生~628年歿)在位592~628
第34代舒明天皇(593年生?~641年歿) 在位629~641
第35代皇極天皇(594年生~661年歿)在位642~645
第36代孝徳天皇(596年生?~654年歿)在位645~654
第37代斉明天皇(皇極天皇重祚)   在位655~661
第38代天智天皇(626年生~671年歿)在位668~671 / 称制661~668
第39代弘文天皇(648年生~672年歿)在位671~672
第40代天武天皇(? 年生~686年歿)在位673~686
第41代持統天皇(645年生~702年歿)在位686~697
第42代文武天皇(683年生~707年歿)在位697~707
第43代元明天皇(661年生~721年歿)在位707~715
第44代元正天皇(680年生~748年歿)在位715~724
第45代聖武天皇(701年生~756年歿)在位724~749
第46代孝謙天皇(718年生~770年歿)在位749~758
第47代淳仁天皇(733年生~765年歿)在位758~764
第48代称徳天皇(孝謙天皇重祚)   在位764~770
*7~8世紀の間に推古・皇極・斉明・持統・元明・元正・孝謙・称徳の八代の女帝が出現(太字部分)
第109代明正天皇 (1623年生~1696年歿)在位1629~1643
第117代後桜町天皇(1740年生~1813年歿)在位1762~1770
*江戸時代にも女帝が復活。第109代明正天皇は徳川秀忠の五女、和子が後水尾天皇に
入内した東福門院が産んだ女一宮<輿子内親王>。

歴史のヒロインや歴史群像、豪商列伝を幅広く、独自の目線で書き上げています。