カテゴリー別アーカイブ: 歴史くらぶ

正岡子規の晩年の未発表5句見つかる 自画像2点も

正岡子規の晩年の未発表5句見つかる 自画像2点も

今年生誕150年を迎えた明治期の俳人・正岡子規(1867~1902年)が死の前年の正月に詠んだ俳句5句と、自画像2点などが載った冊子「歳旦帳(さいたんちょう)」が見つかった。いずれも全集などにも掲載されたことがない、未発表のものだ。
和綴じの32㌻の冊子(縦24㌢、横26㌢)で、子規と、河東碧梧桐(かわひがし・へきごとう)、伊藤左千夫ら弟子や友人13人が俳句や短歌、画をしたためている。正岡子規晩年の句風が分かる貴重な資料という。
子規は掲載されている8句のうち5句が新出。無署名だが筆跡や、それ以前にも似た句があることなどから、子規の句と判断された。子規の未発表句は、
寝後れて新年の鐘を聞きにけり
暗きより元朝(がんちょう)を騒く子供哉
うらうらと初日の影や枯木立
初夢や巨燵(こたつ)ふとんの暖まり
留守の戸に名刺投込む御慶かな
の5句。当時患っていた脊椎カリエスの病状はすでに重かったが、ふとんの中から感じ取った新年の朗らかな雰囲気が伝わってくるような作品だ。
このほか、前年の暮れに撮影された、有名な子規の横顔写真をもとに描いた自画像や、友人の画家・中村不折(ふせつ)が病床の子規を描いた画、伊藤左千夫の新出の短歌2首も載っている。
この歳旦帳は長い間不明で、今回「子規庵」(東京都台東区)を運営する子規庵保存会に数年前に寄託された個人の資料から見つかった

称徳天皇の離宮「由義宮」実態解明へ新たな発見

称徳天皇の離宮「由義宮」実態解明へ新たな発見

大阪府八尾市文化財調査研究会などによると、奈良時代末期の僧、道鏡ゆかりの寺とされる「由義寺(ゆげでら)」の痕跡が見つかった八尾市の遺跡で、新たに複数の建物や運河の跡とみられる穴や溝が発見された。
近くでは、当時の称徳天皇の庇護のもと、絶大な権力を誇っていた道鏡の「由義寺」の巨大な塔の基礎にあたる部分が見つかっていることから、研究者は称徳天皇の離宮「由義宮(ゆげのみや)」の実態解明につながる発見として注目している。
八尾市は現在、市の南部、東弓削地区の奈良時代の遺跡の発掘調査を進めている。その結果、今回およそ3000平方㍍の範囲を調査したところ、1辺4㍍余りの複数の建物があったとみられる直径20㌢余りの柱穴や、建設資材を運ぶのに使われていた運河の跡とみられる、幅16㍍から20㍍、深さ1㍍ほどの大きな溝-などが見つかった。
このため、研究者らは日本の歴史に記録されていながら、詳細が分かっていない由義宮の中身が明らかになる可能性があるとみている。

長岡京跡で大規模建物跡 貴族の邸宅の可能性

長岡京跡で大規模建物跡 貴族の邸宅跡の可能性

京都府長岡京市埋蔵文化財センターによると、同市長岡京跡で貴族の邸宅跡とみられる大規模な建物の跡が見つかり8月19日、考古学ファン200人余りが集まり、現地で説明会が開かれた。
説明会では今回見つかった柱の跡から推測される建物の大きさについて、南北21㍍、東西9㍍に及ぶ大きな建物であることが紹介された。また、これまでの調査で隣接する場所にも同じような建物の跡が見つかっていることから、大規模な建物を複数持つことができる有力貴族の邸宅だった可能性があるとしている。
長岡京市の小学校のグランドでは、桓武天皇が794年に平安京に遷都するまでの10年間、都をおいた長岡京の建物の跡が見つかり、今年6月から市の埋蔵文化財センターが発掘調査を続けている。

キトラ・高松塚古墳 9/23から公開 奈良・明日香村

キトラ・高松塚古墳 9/23から公開 奈良・明日香村

文化庁は8月14日、奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の壁画のうち四神の白虎が描かれた西壁と、天井の天文図を9月23~10月22日、同村内の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」で公開すると発表した。
四神の館の開館1年を記念し、複数の壁画を公開する。無料。定員各日700人程度、事前予約制。
また、明日香村の高松塚古墳(特別史跡、7世紀末~8世紀初め)の国宝の極彩色壁画も9月23~29日まで、同村内の仮設修理施設で公開する。通路から窓ガラス越しに白虎や西壁女子群像(飛鳥美人)などを見学できる。無料。定員は各日400人程度。事前予約制。

ビルの屋上から先祖の霊送る 京都五山で送り火

ビルの屋上から先祖の霊送る 京都五山で送り火

300年以上の歴史があるとされる京都のお盆の伝統行事「京都五山送り火」が8月16日夜行われ、京都市を囲む五つの山が炎で描かれた文字と形に彩られた。
予定通り午後8時に、京都市左京区の大文字山で護摩木を組んだ火床に一斉に火が灯されると、瞬く間に「火」の文字が浮かび上がった。そして、その後は5分間隔で「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の順に火が灯された。
この時間帯、京都市内ではあちこちで送り火を眺める人たちがみられた。とりわけ、五山を見渡せる、眺望に恵まれたビルの屋上から数多くの人たちが、山々に浮かび上がる、先祖の霊を送る幻想的な風景に見入っていた。

頭にとさか、飛べない鳥に似た恐竜化石 中国で出土

頭にとさか、飛べない鳥に似た恐竜化石 中国で出土

中国江西省の白亜紀(8360万~6600万年前)の地層から、現代の飛べない鳥「ヒクイドリ」に似た、頭にとさかがある恐竜の化石が見つかった。中国地質科学院や日本の北海道大などの研究チームが恐竜の新属新種に分類し、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
この化石はオビラプトロサウルス類で、学名はヒクイドリに似ていることなどから「コリトラプトル・ジェイコブシ」と名付けられた。全身骨格がほぼ揃い、8歳でまだ成長しきっていなかった。
ヒクイドリはダチョウやエミューのような飛べない鳥の仲間で、ニューギニアやオーストラリア北東部などの熱帯雨林に生息し、主に果実を食べていた。

五稜郭跡 戊辰戦争時の米蔵「兵糧庫」特別公開

五稜郭跡 戊辰戦争時の米蔵「兵糧庫」特別公開

北海道函館市の国指定特別史跡・五稜郭跡で、1864(元治元)年に函館奉行所の米蔵として建設された「兵糧庫」が8月31日まで特別公開されている。
この兵糧庫は1868年1月、「鳥羽・伏見の戦い」を皮切りに始まった、明治新政府と旧幕府軍との間で繰り広げられ1年半に及んだ「戊辰戦争」の最後の戦い(1869年5月)の場となった箱館で、戦後唯一解体を免れた建物だ。
明治新政府に対し徹底抗戦を叫び、箱館・五稜郭で新政権樹立を宣言した榎本武揚や土方歳三らが日常的にみていた、あるいは出入りしたかも知れない風景の一部といってもいい。
創建時の柱や梁(はり)が残り、実際に敷かれた木製水道管や沈没した新政府軍の軍艦の一部が展示されている。

特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」静岡で8/14から

特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」静岡で8/14から

大河ドラマ「おんな城主 直虎」にちなんだ特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」が8月14日から静岡市駿河区の県立美術館で開かれる。10月12日まで。前売り券は一般1,000円、高校・大学生と70歳以上は500円。中学生以下は無料。開幕日除き月曜日休館。
特別展では、直虎ゆかりの品々をはじめ当時の井伊谷(いいのや)(現在の浜松市北区引佐町)周辺を取り巻く今川家、織田家、徳川家、武田家など戦国大名の関連資料も展示。古文書や刀剣、絵画など160点が並び、「井伊の赤備え」として知られる赤色の甲冑(かっちゅう)も間近に見ることができる。
会場は4つの章で構成される。井伊家が現在、大河ドラマで放送中の直虎の時代、今川家の配下で様々な雌伏の時代を経て、一気に戦国大名の勢力図が塗り替わり、徳川家に臣従、家康の配下として大きく飛躍し、譜代大名として彦根藩を創設するまでの過程を多くの資料で解説している。

纏向遺跡 史跡公園へ 見学者施設整備始動

纒向遺跡 史跡公園へ 見学者施設整備始動

奈良県桜井市などによると、同市の纒向(まきむく)遺跡で整備計画が本格的に動き出した。4年後には発掘調査の成果や同遺跡に関わる歴史を学べる場所を備えた史跡公園が完成する予定だ。同遺跡は、邪馬台国の最有力候補地として全国的に知られながら、これまで見学者のための施設などがなかった。
同市教育委員会は2016年3月、同遺跡と、一帯の古墳群の保存や活用を進める計画書をまとめた。遺跡中心部の旧纒向小学校跡地(約1万平方㍍)を「センターエリア」と位置付け、史跡公園を整備する構想だ。そして今年3月末にはセンターエリア整備の第1弾として、見学者用トイレが完成。今後、写真パネルや模型などの展示室やボランティアの活動拠点を備えた「ガイダンス施設」と広場を2021年度末までに完成させる計画だ。
同遺跡は3~4世紀の集落遺跡としては国内最大で、中国の歴史書「魏志倭人伝」に登場する卑弥呼(247年ごろ死去)の時代と重なる。また、関東から九州まで各地の土器が出土し、箸墓(はしはか)古墳などの前方後円墳が最初に築造された場所でもあることから、ヤマト王権の誕生の地と考えられている。
2009年には同市教委の調査で、大型建物跡が出土。「卑弥呼の宮殿」とする説が紹介され、現地説明会では2日間で1万人以上が集まった。しかし遺構は調査後、埋め戻され、現地を訪れてもこれらの成果を実感できる場所や休憩所はない。

奈良・東大寺でお盆前に恒例の「お身拭い」

奈良・東大寺でお盆前に恒例の「お身拭い」

奈良の東大寺で8月7日、恒例の「お身拭い」が行われた。お身拭いは、東大寺の大仏にきれいな姿でお盆を迎えてもらおうと、毎年8月7日に行われている。
7日は午前7時すぎから、白装束の僧侶や寺の関係者などおよそ180人が大仏殿に集まり、初めに大仏の魂を抜くための法要が行われた。この後、大仏の手のひらや膝の上などに登り、はたきやほうきでたまったほこりを払い落した後、布で全体を隅々まで磨き上げた。
高さがおよそ15㍍ある大仏の頭や肩の部分は、天井からロープでつるしたかごに乗り込んだ人たちが慎重に作業していた。