縄文人は調理? 土器の焦げ跡に魚を煮炊き跡

縄文人は普通に調理? 土器の焦げ跡に魚を煮炊きした跡
 日本、英国などの研究チームは、北海道や福井県の遺跡から出土した1万1000~1万5000年前の縄文式土器の焦げ跡に、サケなどの魚を煮炊きしたとみられる脂質が含まれていることを見つけ、4月11日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。料理に使われた世界最古の土器という。縄文土器は一般に食料の貯蔵などに使っていたとみられていたが、栄養価の高い魚類を料理していたことも示すもの。縄文人の暮らしぶりの一端を明らかにする成果。今回詳細に調べた鳥浜貝塚(福井県若狭町)、大正3遺跡(北海道帯広市)以外の遺跡でも、焦げ跡の炭素や窒素の同位体比から、ほとんどの土器は煮炊きに使われていたとみられる-としている。

出雲大社 「本殿遷座祭」大遷宮最終章へ

出雲大社で5/10に60年ぶり「本殿遷座祭」大遷宮最終章へ
 島根県出雲市の出雲大社は5月10日、本殿(国宝)の修繕工事のため、仮殿に祭られていたご神体を本殿に再び迎える「本殿遷座祭」を60年ぶりに開催する。2008年から始まった出雲大社の改修工事「平成の大遷宮」の最重要行事。大遷宮は約60年ごとに行われ、平成になってからは初めて。社殿の傷みを修復するとともに、先人の技術、文化を伝承するのが目的。神の力が一新される”よみがえり”の意味もあるとされる。現在の本殿は1744年に建立され、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祭る。

円山応挙”幻の虎”発見 大谷記念美術館

円山応挙”幻の虎”85年ぶり発見 西宮市大谷記念美術館
 兵庫県の西宮大谷記念美術館は4月5日、江戸中期を代表する画家、円山応挙の大作「水呑虎図」が85年ぶりに見つかったと明らかにした。6日から同館で始まった「とら・虎・トラ」展に出品されている。この作品は応挙が脂の乗っていた40代、1782年に描かれたもの。縦96.5㌢、横141㌢。1928年に大阪美術倶楽部で売りに出た後、所在不明だった。

鑑真和上坐像の模像に彩色 天平の面影 再現

鑑真和上坐像の模像に彩色 血色豊かに 天平の面影を再現 奈良市の唐招提寺は4月4日、国宝「鑑真和上坐像」(8世紀)のお身代わりとなる模像に彩色した姿を、報道陣に公開した。艶やかな赤の衣に古切れを縫い合わせた袈裟の模様、生き生きとした肌の色などが蘇った。模像は今年が開祖・鑑真の没後1250年となるのにちなみ、財団法人美術院国宝修理所(京都市)の委託して2010年から制作していた。鑑真が亡くなった763年(奈良時代・天平期)の面影を伝える彩色については、顔料の粒子を顕微鏡で分析するなどして発色を再現したという。6月5日に営まれる開眼法要の後、同寺・開山堂で一般公開される。

北大文書館で萩原朔太郎 農学志し 志願者名簿

北海道大文書館で萩原朔太郎が農学志した志願者名簿
 北海道大文書館(札幌市)によると、過去の志願者名簿の中に前橋市出身の詩人、萩原朔太郎の名が見つかった。これは同館の職員が保管していた過去の志願者名簿などを調べていた際に偶然見つけたもので、資料は1907年の東北帝国大学農科大予科(現・北海道大)の志願者名簿。朔太郎の名前や出身中学などの記載があったという。名簿には入試を欠席したことを示す印も付けられていた。後年、都会や欧州を愛し、芸術活動を志した朔太郎が、旧制中学卒業後の進学先として、農学を志願していたことを示すもので、詩一筋ではなく、進路に悩む青春期の朔太郎の一面が表れている資料といえそうだ。

国宝の発見時の模写図見つかる 東大寺

国宝の大刀3本の発見時の模写図見つかる 東大寺
 東大寺(奈良市)は4月9日、同寺図書館で、明治時代に大仏足元から発見した鎮壇具20件(国宝15件)の一部で、豪華な装飾大刀として名高い金鈿荘大刀(きんでんそうのたち)など国宝となっている大刀3本の発見時の姿を描いた模写図が見つかったと発表した。模写図は金鈿荘大刀2本と、光明皇后からの献納品目録「国家珍宝帳」に記された宝剣「陽宝剣」と判明した「金銀荘大刀」。それぞれ裏表両面が色つきで描かれている。